【業界人が解説】運動会のビデオ撮影は三脚が便利!禁止の場合は一脚を使おう

記念
スポンサーリンク

 

運動会の撮影で三脚って必要なの?

甥の運動会・お遊戯会を6年間撮り続け、自分が撮影した映像がテレビで流れたこともある私がお答えします。

「超必要」

子どもの頑張る姿をきれいに撮ってあげたいのなら、迷わず三脚を買いましょう。

お安い三脚で十分ですよ!

三脚は使用禁止なんだって。

「三脚使用禁止」はどの範囲ですか?

幼稚園や小学校での三脚禁止令はけっこうよくある話しですが、「全面的に禁止」と「観覧席では禁止」では買うべき物がだいぶ違います。

どこで、使用禁止なのかまずは確認してみてくださいね。

三脚の使用が部分的にでもOKなら迷わず買おう

幼稚園や小学校からの指示でよくあるのが「観覧席では三脚の使用禁止」というもの。

びあまま
びあまま

この指示、裏を返せば「前列の観覧席じゃなかったら三脚使ってもいいよ」と言われているようなもの。

前列で三脚を使わずに座って撮影するよりも、観覧席の後ろから三脚を使って撮影する方が上手にしかも簡単に撮れます。

  • 観覧席の後にスペースがある
  • グラウンドから少し離れた所に小高い場所がある(←撮影の特等席!)

こんな場合は三脚を迷わず購入しましょう。

なんで三脚が必要なの?

三脚を使用することで、手ブレ0、完全に無しの映像を撮ることができます。

手ブレがあるか無いかで、映像の見やすさが大幅に変わります。

びあまま
びあまま

手ブレが多いと映像酔いしやすくなるんですよ。

現在のカメラには性能の良い手ブレ防止機能がついていますが、ぜったいではありません。

慣れない人の撮影だと、手ブレは軽減はされているものの中々見づらい映像ができあがります。

高い三脚は必要ない!3~4千円で十分

Amazonや楽天で「三脚」と入れて検索するとわかると思いますが、値段はピンキリです。
3万円、いや10万円を超えていたり、、、。

高い三脚は高いなりに、色んな性能や耐久性が備わっています。

ですが、普段から仕事や趣味でカメラを扱いなれていない限り、色んな性能は使いきれません。

子どものイベントでしかカメラを扱わない人であれば3千円台の三脚で十分です。
使いこなせません。

びあまま
びあまま

私も「Velbon」の3千円台の三脚を愛用しています。

シンプルな分、使いやすいです。

三脚を使用しての撮影方法

三脚におそらく「雲台」という、カメラと三脚を接続するものが付いています。
この雲台を事前にカメラに付けておきます。

撮影場所は、もちろん最前列が撮りやすくはあります。

ですが、座りの観覧席のすぐ後ろや、多少距離があっても小高くなっている場所で撮影できれば、そこが撮りやすいです。

びあまま
びあまま

今のカメラは高性能。
離れたところから撮影しても、ちゃんときれいに撮れます。

1番前で、三脚も一脚も使わずに撮影して手ブレするよりも、後方から三脚を使い手ブレなしで撮影した方が見やすい映像が撮れます。

着席での観覧席は、後列の人が見えるように高さを気を付けましょう。
禁止されていなくても、注意が必要です。

サブで安い一脚もあると便利

三脚があっても、どうしても使えなかったり使いづらいときはあります。

そんなときに、簡易でシンプルな動作で使える一脚がサブであるとすごく便利。

三脚があれば、高価な一脚は必要ありません。
むしろ、高価な多機能な一脚だと機能がありすぎて使いにくこともあります。

びあまま
びあまま

千円台で買える一脚がちょうど良いです。

三脚が全面的に禁止なら一脚は必要

「三脚の使用は全面的に禁止です」という幼稚園や小学校もたまに聞きます。

こんな時は残念ですが、三脚は使えません。

一脚でも距離があっても見やすい映像を撮ることは可能なので、あきらめて一脚を買いましょう。

なんで一脚が必要なの?

油断すると多少は左右に振れてしまうものの、手ブレがほぼなく撮影できるからです。

何も使わずに腕の力だけで撮影した映像とは比べ物にならないぐらい、手ブレがなく撮影できます。

三脚が必要な理由でも述べましたが、今のカメラは手ブレ補正の機能がたいがい付いています。

しかし、慣れてない人が撮影した映像はカメラに手ブレ補正の機能がついていても、かなり見づらい映像が酔いしやすい映像になってしまいます。

びあまま
びあまま

「映像酔い」あまり聞きなれないかもしれませんが、酔う人は本当に酔います。

一脚のみなら少し性能が良い物を購入しよう

「三脚禁止」とは言われても「一脚禁止」が言われていないなら、便利な機能がついた一脚を準備したいです。

自立式一脚といって、足の下の方がしっかりした支えなくても立ったままの状態を保てる一脚が売っています。

三脚よりもやや安定性には欠けますが、それでもかなり三脚に近い使い勝手です。

とは言え、やっぱりオーバースペックのものを購入してしまうと慣れていない人は使いづらいので5~6千円の一脚で十分です。

機能が多すぎると、使い方が複雑になってしまうので気を付けてください。

びあまま
びあまま

よく考えたら『三脚+安価な一脚』の両方を買うよりも高くついてる、、、。
しかし背に腹はかえられない。

撮影を失敗しないための方法はこちら

こちらの記事に失敗しないビデオ撮影方法をまとめています。

【業界人が解説】失敗しないビデオ撮影 (運動会•お遊戯会)手ブレ•見失いにサヨナラ
運動会でのビデオ撮影、失敗したー!そんな事態にならないように。映像の仕事をしていて、自分が撮影した映像がテレビで流れたこともある私が運動会・お遊戯会・サッカー大会(幼稚園~小3)で6年間撮影し続けた経験を踏まえ、ビデオ撮影の簡単なコツをお伝えします。

上の記事の内容をザックリとまとめるとこちら。

  • 三脚・一脚の使用はマスト
  • 競技が始まる前に子どもは見つけておこう
  • 子どもに寄りすぎると(アップにしすぎると)見失う原因になる
  • 録画ボタンを押し忘れない為には早めに押しておく
  • 事前準備が超大事
  • どうしても三脚・一脚の使用ができない時は肘をおさえて撮影する

かなり詳しく解説しているので、撮影に失敗したくない人は要チェックです。
うまく撮影できると良いですね!

タイトルとURLをコピーしました