リンクコーデならペアリュック!おススメ4選 娘1歳からやってますが簡単・手軽・毎日できる

ママグッズ
スポンサーリンク

リンクコーデって、何だかハードルが高いと感じていませんか。
お揃いだと合わせるのが色々難しい、、、とか。

しかし、完璧なリンクコーデじゃなくても、「お揃いだ!」と目立ち、簡単に取り入れられるグッズがあります。

それが、ペアリュック!!ドヤァ

私も娘とお揃いのリュックを持っているのですが、あら簡単。

ママリュック。育児中に必ずと言って良いほど必要になるグッズなので、いっそペアで使えるリュックにしてみてはいかがでしょうか?

子どももいずれはリュックがあると便利になりますしね。

ちなみに赤ちゃん連れに特化した記事はこちらになります。

19年度、0〜2歳の赤ちゃん連れママにおススメのママリュック7選 幼児連れとは求める物が違う!
赤ちゃん連れで便利なママリュックをいくつかピックアップしておススメいたします!けっこうママリュック何選記事って見つかるんですけど、同じママでも赤ちゃん連れと幼児連れだと、求める機能って全然違います!いや、ホントに。でも、赤ちゃん連...

街中のママがどんなリュックを背負っているか気になる人は、統計を取りましたのでこちらをご参考ください

19年度、街で実際に背負われてるママリュック調査 統計と分析
ママにとって必需品と言っても過言ではない「ママリュック」。1人で行動するときと求める物が違うので、どんなリュックが良いのか調べる人も多いのではないかと思います。でも、どうもネットを調べても実際に街中に居るママが何のリュックを背負っている...

リュックだとリンクコーデが本当に楽だった

すぐに気づいてもらえる

全身お揃いには敵わないものの、1点だけのリンクコーデとしては相当目立ちます。
すぐに気づいてもらえます。

リュックのカラーが派手なら派手なほど目立ちます(笑)

とは言え、黒などのシンプルカラーなら意外と目立たなかったりもします。
ひっそりとお揃いにしたい人もできます。

コーデに悩まない

自分の好みの服のジャンルに合うリュックさえ買っておけば、悩む必要がないです。

お洋服だと、コーデや気候に頭を悩ますことがありますが、リュックならそんなことはありません。

「リンクコーデをしようと思ったけど、気温がムリで着られない」なんてことは、リュックならありません

1点で毎日リンクコーデできる

お洋服と違い、毎日でもリンクコーデできます。
お洗濯の必要が無いので「明日リンクコーデしたいから今日はムリ」なんてことはありません。

365日、毎日リンクコーデも可能

たった1組買うだけでですよ!!

リンクコーデできる期間も長い

お洋服を買うよりも、サイズアウトまでの時間が圧倒的に長いです。

未就園児だと洋服が1年経たずにサイズアウト、なんてことは良くありますが、リュックなら2年は使えます。

そして真夏も真冬も、通年で使えます。

リュックならリンクコーデできる機会がお洋服よりも圧倒的に多いです。

コスパが良い

上で説明した条件

  • すぐに気づいてもらえる
  • コーデに悩まない
  • 1点で毎日リンクコーデできる
  • リンクコーデできる期間も長い

コレ、考えたらコスパすごくないですか?

1組買えば、なんなら2年ぐらい毎日でもリンクコーデできるんですよ。

それを考えれば、確かにTシャツを買うよりもリュックは高いですが、使う頻度を考えればコスパは良いと思います。

特に大人用は、品物自体も長持ちしますしね。

ママリュックとしても使いやすいおススメ4選

ただのお揃いだけではなく、ママリュックとしても使いやすいリュックを厳選しました。

anello

もはやママリュックの代名詞?anello口金リュックは、私も娘とお揃いで買ったリュックで使い心地◎
娘が1歳半の頃から一緒に使ってます。

この記事トップの画像はanello口金リュックのレギュラーサイズです。

ただ、ママリュックとして機能的にはどう考えてもラージサイズの方が向いているので、今回はラージサイズを紹介です!

大人用 Lサイズ

重さ:約865g
容量:約22L
サイズ:45cm 32cm 18cm
値段:6,000円弱ぐらい

ベビー&キッズリュック

重さ:300g
容量:約5L
サイズ:28cm 19cm 10.5cm
値段:4,200円ぐらい
年齢・身長:80cm~105cmぐらいの1歳半~5歳ぐらいまで

※重さ・サイズは購入の店舗により誤差があります
※『ミニサイズ』はキッズリュックとはサイズもスペックも異なりますのでご注意ください

大人気、アネロの口金リュックのキッズサイズが出ています

知らない人がとても多いですが、街中を歩けば必ず見ることができるアネロの口金リュックにキッズサイズが出ているんです。
店舗では見たことがないですが、インターネットで購入することができます。

私はこちらを購入しました。(大人用はレギュラーサイズですが)

上野動物園に娘と背負っていったら、入り口で前に並んでいた方に絶賛して頂けました
他のシーンでも「お揃いで可愛い」と声をかけて頂けることがあります

ママリュックはLサイズなら背面ポケット付きで、機能面も満足です

Lサイズのリュックには、レギュラーサイズには無い背面ポケットが付いていて、アネロ口金リュックのママリュックとしての欠点が解消されています。

そして、メインルーム内のボトルホルダー・両サイドのプラスチックのDカンもお外遊びのときに役立ちます。

22Lと他のママリュックよりも大容量で、ビジュアルだけではなく機能も素晴らしいママリュックです。

キッズリュックもハーネスが付いている等、機能面が素晴らしい

キッズリュックには必ず欲しいハーネスがちゃんと付いています。そして背中の部分がメッシュになっていて、夏もベタつき辛いです。

子どものリュックに必要な機能をきちんと付けてくれているリュックです。

容量も5Lと保育園の荷物が入るサイズで、もちろん遊びに行くときもバッチリです。

幼稚園のプレにも娘の荷物を入れ、背負わせて行っています。

ブラック・ネイビー・ブルーなら男の子ともお揃いにできます

アネロリュックは女の子のイメージが強いですが、男の子カラーを選択することでお洒落に背負うことができます。

男の子でも問題の無い形ですよ。

ペアで背負えるリュックの中では、価格が最安値クラス

2人分購入して、合計で1万円ちょいぐらいでおさまるプチプラが魅力です。(大人用がレギュラーサイズなら8千円ぐらいで収まります)

子育て中は何かとお金がかかるので、安い価格帯で機能も見た目も満足できるお買い物ができるのは嬉しいです。

THEA THEA

シンプル イズ ベスト。

シンプルなリュックを長く使いたい人なら、絶対にティアティアがおススメ。

シンプルながら機能もすごい!

for MOM(大人用)

重さ:640g
容量:不明(メーカーが公式に出していませんが大容量との口コミ)
サイズ:40cm 25cm 14cm
値段:10,800円ぐらい

for Baby(子ども用)

重さ:260g(ハーネスなし)
容量:不明
サイズ:26cm 18cm 9cm
値段:5,400円ぐらい
年齢:歩けるようになってから、3歳ぐらいまで

シンプルながら必要な機能は揃う、親子リュックです

ロサンゼルス生まれのマザーズバッグブランドのティアティアが作ったリュックです。
1番の特徴はキャンバス地で、ちゃんと撥水加工されています。

要らないものはそぎ落として、必要な機能はきちんと付けたシンプルリュックです。

ママリュックとしての機能面がすばらしく大満足

絶対にあって欲しい背面ポケットがちゃんと付いています。

メインルーム内にボトルホルダーが2つあり、ママと子ども2人分入れられます。

また、メインルーム内のDカンは車や家の鍵をつけておくことができ、迷子にならずにとても便利です。

キッズリュックもハーネスが付いている等、機能面が素晴らしい

キッズリュックに必ず欲しいハーネス付きで、まだまだ小さなキッズもずり落ちることなく背負うことができます。

賛否両論、迷子紐付きです(取外し可)

肯定する方、否定する方いらっしゃいます。

でも取り外しができるので、必要がない人は購入後に取り外してしまえば問題ないです。

キッズ用には文字入りで、完全に一緒ではない

キッズ用には薄く「THEA THEA」と文字が入っていて、完全には一緒ではありません。

明らかに同じ生地なので、お揃いに見えますけどね。というか、それがオシャレなのですが。

完全なリンクコーデを目指す方には不向きです。

D’COLLE

女の子のママで、カジュアルなファッションが苦手な人にぴったり。

大人用 CINDYシンディー

重さ:670g
容量:10L
サイズ:29cm 42cm 10cm
値段:15,000円前後

キッズ向け Claireクレア(ディーコレ クレア 3WAY バッグ)

重さ:約450g
容量:不明(多くはないと思われます
サイズ:24cm 21cm 10cm
値段:6,264円
年齢:1歳~5歳ぐらいまで

※サイトによっては親子セットで21,384円で売っています。

ママリュックは容量が少ないものの機能が素晴らしいリュック

現役ママが欲しい機能を詰め込んだリュックなだけあり、ママが欲しい機能が全部入りのリュックです。

背面ポケット、それ以外の多数のポケット、メインルームのボトルホルダー、全部付いています。
物を探すときに、自立してくれるので探しやすいです。

そして、ショルダーベルトが外れるので抱っこしたままでもリュックが下せます。

容量が少なく、抱っこひもが入らないことだけが残念ですが、諦めて大荷物のときはサブバッグを使う等、工夫すれば何とかなります。

車での移動がメインの人は、車に抱っこひもやおむつは置きっぱなしでも大丈夫ですしね。

綺麗めな服装の方が合わせやすいデザイン、しかしパパは使えないです

カジュアルな服装が苦手な方も背負いやすい、女性らしいデザインです。
その為、家族でお出かけしたときにパパに背負ってもらうと違和感が出てしまいます。

ママ専用リュックです。

キッズ向けは、女の子向けデザインです

ママ用同様、キッズ向けも女児向けのデザインです。その分、オシャレして背負ったら相当可愛いです。

こちらは、キッズ用のリュックとしてだけでなく、ショルダーベルトを付け替えることで、大人用のショルダーバッグやポーチとしても使える商品です。

なので、リュックとして使うときにハーネス等も無いです。デイリー使いではなく、完全なお出かけ用リュックです。

FREDRIK PACKERS

大人気、フレドリックパッカーズの500D DAY PACKのキッズカスタムです。

大人用はキッズカスタムはなかなか売っていないのでレギュラーでも良さそうな気もしますが、キッズカスタムも売っているので紹介です!

大人用 500D DAY PACK / KIDS CUSTOM

重さ:約500g
容量:約17L
サイズ:43.5cm 28cm 14.5cm
値段:12,744円

キッズ用 DAY PACK KIDS

重さ:約470g
容量:不明
サイズ:23.5cm 10.5cm 35.5cm
値段:8,964円
年齢:4~6歳 身長 100~115cm

大人気、フレドリックパッカーズ500D DAY PACKのペアリュックです

人気モデル500D DAY PACKに「KIDS PACKERS」のフェルトネームを付けた特別なモデルです。

大人用も、KIDS PACKERSのフェルトネームを付けたものが売っているんです。

もちろん通常の500D DAY PACKとまったく同じリュックで、ネームの部分だけがKIDS PACKERSになっています。

ママリュックは、背面ポケットがないことが残念

背面ポケットが無く、他のポケットも少ないですが、それ以外はビジュアルも耐久性も素晴らしいリュックです。

大人気なだけありますね。ママが多数集まる場所に行くと、誰かは背負っています。

ただ、綺麗めな服装が好みな方は合わせずらいです。その分、パパが背負っても問題ないビジュアルです。

耐久性が高いこともポイントで、公園でガンガン遊べますし、長持ちします。

キッズリュクの機能もママリュックと同じく素晴らしい

ハーネスがちゃんと付いているので、ずり落ちたりしません。
そして、背中はメッシュになっていて夏場も蒸れずらいです。

可愛いだけじゃない、きちんと欲しい機能が付いたリュックです。

キッズリュックはペアリュックとしてはめずらしい、幼稚園以上向け

1歳から3歳ぐらいまでが対象のペアリュックが多い中、幼稚園年齢が対象です。

なので、他のペアリュックを卒業してからこちらのリュックに移行するのもありです。

私は、娘のアネロリュック卒業後に、こちらでペアにしようか検討中です

リンクコーデは3歳以下のうちにするべき

なぜ3歳以下のうちにやってみるのがおススメなのか。
答えは簡単。

幼稚園児年齢や小学生になると、もうお揃いなんてしてくれなくなる可能性大です。

娘のお友だちは2歳ですでに、お洋服にこだわりが出たとか。

なので小さいうちがチャンス!

時期を逃すともう2度とリンクコーデできなかもしれません

少しでも気になるのなら、記念にリンクコーデをしてみることをおススメします。楽しいですよ。

今現在、娘と「おそろーい」と言いながら同じリュックを背負っているのも、時が過ぎれば思い出になるのかなって思ってます。

タイトルとURLをコピーしました