19年度、街で実際に背負われてるママリュック調査 統計と分析

ママグッズ
スポンサーリンク

ママにとって必需品と言っても過言ではない「ママリュック」。1人で行動するときと求める物が違うので、どんなリュックが良いのか調べる人も多いのではないかと思います。

でも、どうもネットを調べても実際に街中に居るママが何のリュックを背負っているのか統計を取って調べている人が見つからないんですよね。

おススメの記事は見つかっても「そのリュック、実際に見たことがないんだけど」みたいなことも多いです。

びあまま
びあまま

と言うか、そもそも会ったこともない書いている人のセンスを本当に信頼して良いものやら、、、とも思ってみたり。(ひねくれ者)

使う人が多いのには理由があるはず。そこで、独自に統計を取ってみました。
サンプルが100人を超えたのである程度は有意なデータとして使えるのではないかと思っています。

  • サンプルの総数は118人分
  • すれ違うママ、出会ったママのリュックをカウント
  • カウントしたのは明らかに未就学児のママだとわかる人が持っているリュックのみ
  • 主な調査場所は私の自宅近辺である首都圏ベッドタウンの「駅周辺」「保育園」「幼稚園」「公園」「アンパンマンショー」「おかあさんといっしょSPステージ会場」など
  • ブランドの判別がつかなかったリュックはノーカウント

私がすれ違った人の統計なので、エリアによる偏りもあるかと思いますがある程度の分析はできると思っています。

尚、統計学には全く則っておりませんのでご了承下さい(笑)

ちなみに、よく見る厳選記事も書いてます。
赤ちゃんを連れたママに向けた記事はこちらです。

19年度、0〜2歳の赤ちゃん連れママにおススメのママリュック7選 幼児連れとは求める物が違う!
赤ちゃん連れで便利なママリュックをいくつかピックアップしておススメいたします!けっこうママリュック何選記事って見つかるんですけど、同じママでも赤ちゃん連れと幼児連れだと、求める機能って全然違います!いや、ホントに。でも、赤ちゃん連...

順位発表

【第1位】anello口金

定価4,860円

全体の34%になる40人が背負っていた「anello口金リュック」。
私も娘とリンクコーデをする為に購入しましたが、どこに行っても同じリュックの人に出会います。

色んなカラーのリュックが出ているので、珍しい配色にすれば色まで一緒ということは避けられます。
数年前に若い人に大流行したこのリュック。見た目以上に大容量でびっくりします。

【第2位】Legato Largo10ポケット

定価4,860円

全体の13%になる15人が背負っていた「Legato Largo10ポケットリュック」は1位の「anello口金リュック」と同じキャロットカンパニーから出ているリュックです。
実は私はこのリュックを普段使いしていて、自分の持っているリュックが1・2フィニッシュでした。

10ポケット、特に背面ポケットが本当に便利です。そして、大容量です。

【第3位】マリメッコ buddy

定価24,840円

高価格帯のリュックにも関わらず、全体の1割である12人のママが背負っていました。
ママ以外にも背負っている人をよく見かけるリュックです。

ちなみに並行輸入のものなら13,000円程度で購入でき、今のリュックを使い倒したら次はマリメッコの並行輸入のリュックを購入しようと検討中です。

※追記 19年9月に購入しました。レビュー記事はこちら

marimekko/Buddyマリメッコ信者ではない私の正直レビュー 他のママリュックと比べ使いにくい
ママにオシャレで大人気!マリメッコのBUDDY。でも他のママリュックと比較すると実はかなり使いにくいです。そもそもママリュックじゃないので。他のママリュックも併用する、マリメッコ信者じゃない私が長所も短所も熱く語る正直レビュー。購入を検討中の人に参考にして欲しい!

【第4位】FREDRIK PACKERS

定価12,744円

芸能人がママリュックとして使っていることで人気になった「FREDRIK PACKERS 500D DAY PACK」は8人が背負っていました。

幼稚園ママに多く見かけます。丈夫なことから、赤ちゃんよりも幼稚園ぐらいになったお子さん連れに便利なリュックなのだろうと思われます。

【第5位】MARC JACOBS

定価33,000円(税抜)

ハイブランドのリュックがランキング入りしたのは予想外でした。7人が背負っていました。
ハイブランドな割には意外と安価なのが理由でしょうか?とは言え高額ですが。

ネットでは2万円以下でも購入できるようです。(本物かは不明)

6位以下の結果も発表

【同率6位】anello 2層式 多機能リュック

定価5,292円(新モデル)

6人が背負っていた2層構造のこのリュック。カウントしたうち4人は旧モデルで合算です。
バッグインバッグが必要なくおむつがダイレクトに入れられると好評なリュックです。

【同率6位】URBAN RESEARCH DOORS

定価10,194円

「たまひよ」がマザーズリュックとして出しているこのリュックは、たまひよSHOP限定モデルでURBAN RESEARCH DOORSの店舗に行っても購入できません。
マザーズリュックに特化したリュックで、6人のママが背負っていました。

8位以下は以下の通りとなりました
PORTER 各種 4人
フェンテ 各種 4人
Legato Largoの10ポケットリュック 以外 4人
KANKEN 3人
AtFirst×mamaeスターキルティングリュック 2人
OUTDOOR 各種 2人
マンハッタンポーテージ 各種 2人
D’COLLE シンディ 1人
ノースフェイス 1人
ノースフェイス 1人

この統計から分析できること

この統計を円グラフにしたらこうなりました。

「anelloママばっかり」は事実だった

2位と20%以上の差をつけてのぶっちぎりの1位でした。よく色んなサイトで「anelloママ多い」と書かれていますが事実でした。私も思っていましたが。

2位の「Legato Largo10ポケット」もなんですが、赤ちゃん本舗で売っていることもママリュックとして持っている人が多い理由かもしれません。

anelloとLegato Largoはキャロットカンパニーという会社のリュックです。
下の図を見るとわかりますが、ママリュックのうち半数以上がキャロットカンパニーでした。

低価格帯リュックのママがやや多い

ちなみに低価格帯と高価格帯の判断ポイントは7,000円にしました。

7,000円以下 → 低価格帯
7,000円以上 → 高価格帯

なので高価格帯の中でも価格に差はありますが、プチプラリュックかそうではないか、という基準で判断しました。

プチプラリュックであるキャロットカンパニーのリュックがママリュックの半数以上を占めているので当たり前ではありますが、低価格帯のリュックを使うママの方が多い結果となりました。

高価格帯のリュックを持つママは全体の4割となりました。

参考、15,000円超の高級リュックの割合は

価格が高いリュックはそれだけの価値のあるリュックが多いですが、どれだけのママが持っているかも調べました。

高級リュックを持っている人の割合は3割以下であり、多くのママは機能と値段のバランスを考えたうえで合理的な判断をしているのかなと感じました。

幼稚園ママと保育園ママの差は

娘を保育園に通わせ、幼稚園のプレにも行かせているんですが、なんとなく幼稚園のご家庭の方が高価格帯の物を身に着けている印象を持っていました。

そこでママリュックだけでも測れないかと、幼稚園ママだけ、保育園ママだけを抽出して比べてみました。
サンプルが幼稚園ママ17人、保育園ママ7人なのであまり参考にならないかもしれませんが割合だけをみるとこうなります。

※明らかに幼稚園・保育園に通わせていると判断できるママだけの統計なので全体の統計とはズレがあります。

この図を見ると、確かに幼稚園ママの方が高価格帯のリュックを持ってはいますが、サンプルの数を考慮すると誤差の範囲内という気がしないでもないです。

この結果だけでは「幼稚園ママの方が高いリュックを持っている」とは言い切れないものの「まぁ、幼稚園ママの方がリュックの値段も高い傾向があるかも」ぐらいは言えるのかな?と思いました。

おかあさんといっしょSPステージは関東平均に近い?

「おかあさんといっしょスペシャルステージ2019」の会場さいたまスーパーアリーナでも統計を取りました。
「おかあさんといっしょが好きな親子」というフィルターはかかりますが、、関東圏のママの大まかな傾向は掴めるかなと思っています。

とは言え、私も子連れ。見た人すべてをカウントするのは不可能でしたが可能な限り記録に残しました。
サンプルは48人です。

順位の変動は多少あれど、ぶっちぎりのanello口金リュック人気や、他のリュックの比率などは大きな変化はありませんでした。

目立った違いは全体で4位だった「FREDRIK PACKERS」のリュックを背負ったママを1人も見なかったぐらいで、他は大した誤差はありません。

それを考えると、よっぽどの高級住宅街にでも行かない限りママリュックの傾向はあまり変わらないのかもしれません。

リュックの価格帯の傾向も一緒

低価格6割・高価格4割で、全体の統計と同じ結果でした。
ベッドタウンだけではなく、関東圏全体としてこのぐらいの割合なのかもしれません。

ちなみに、15,000円超の高級リュックも25%という結果で、関東圏のどこのママも合理的な判断をしていることに変わりはなさそうです。

データをママリュック選びに生かそう

シンプルな統計だからこそ生かしかたはたくさんあると思います。

みんなが背負っているリュックが良い人にはもちろん参考になる

背負っているママがたくさんいるリュックってことは、良いリュックだってことだよね?というママにはもちろん参考になると思います。

  • 1番人気のリュックなら浮かないで済むよね?
  • 1番人気は外したいけど、かといってマイナー過ぎるリュックは避けたい
  • トレンドを抑えたリュックが良い

そんな人は、こちらのランキングから「予算・機能・好み」の落としどころを見つけて購入すれば間違いありません。

他の人と同じリュックなんてつまんない、なんて人も参考になる

「他の人と同じリュックが嫌でこのリュックを選んだのに、何で他にも居るんだあぁ」という事態を避けたいなら、このランキングに入っていないリュックを選べば良いです。
1人しか背負っていないリュックも載せたので「同じリュックを背負っている人が何人も居た!」という事態は避けられると思います。

概ね他のサイトさんのおススメのママリュックはランキングに入っていたので、このリュックたちを避ければまぁ大丈夫かと思います。

最後に、今回の統計を取っての感想

今回、他のママのリュックを勝手にジロジロと見させて頂きました。

統計を取り始めたのは「アネロ」「レガートラルゴ」「マリメッコ」「フレドリックパッカーズ」ばっかりだなぁと思っていたのがきっかけでした。
結果としてその4種が見事にランキング1位~4位になり、思っていたことは正解だったなと感じています。

しかし、きちんと統計をとると思っていたよりも知らないメーカーのリュックを背負っている人は多かったです。(私の不勉強なだけかもしれませんが)

統計を取っているときは娘といることが多く、知らないメーカーのリュックまでカウントできませんでしたが、体感で3〜4割ぐらいは知らないメーカーのリュックでした。
なので、半数位のママはメジャーなママリュックを背負っていないと言えます。

びあまま
びあまま

おススメサイトには載っていない、自分の好みのリュックを背負っているママが多いんですね。

あと多分、無印良品とかユニクロのリュックを背負っているママだろうなとは思いつつロゴがないし形もシンプルなので判別しきれずノーカウントのリュックは多かったです。
あと「THEA THEAのTHREE」っぽいなと思いつつも、すごい興味があるのにジロジロ見るわけに行かずにノーカウントだったリュックもあります。

傾向としては、シンプルなリュックが多かったのは間違いないです。

この統計が、1stママリュックを探している人、私のように2ndママリュックを探している人、みんなの役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました