ママ自転車は「電動アシスト付き子乗せ自転車」じゃない方がよい人もいます

ママグッズ
スポンサーリンク

こちらを覗いてくれている人はこれからママ自転車として「子乗せ自転車」を買おうと考えている人が多いのではないでしょうか?
とりあえず、電動アシストかな?と思っている人は少し立ち止まって考えてみてください。
条件さえ揃えば、私のように電動アシストじゃない自転車の方が向いている人もいます。

電動アシスト付きの方が良い人、付いていない方がよい人、を条件から解説しようと思います。

子乗せ自転車の特徴を知る

「子乗せ自転車」とは「幼児2人同乗基準適合車」のことです。
フレームの強度、ブレーキの性能、操作性の基準、を満たしていて法律できちんと3人乗りを認められている自転車です。

その為、乗っているときはあまり気にならないですが、普通の自転車よりもかなり重いという特徴があります。

びあまま
びあまま

毎日「子乗せ自転車」に乗っていてますが、普通の自転車と安定感が全然違います。
前に子どもを乗せていてもハンドルが取られづらいですし、乗せ降ろしのときの安心感も違います。

「幼児2人同乗基準適合車」というシールが貼られていれば子乗せ自転車です。
シールはこのように、「BAAマーク」のシールの下にこのように貼られています。

びあまま
びあまま

このシールが貼られていないと兄弟がもう1人増えたとき、3人で自転車に乗ることができずとても不便です。

「子乗せ自転車」ではなくても、シートを取り付けて子ども1人と2人乗りをすることは可能です。(できないタイプの自転車もあるので購入の際は確認が必要)
後輪が大きい自転車と、小さい自転車があります

子乗せ自転車の中でも後輪が大きい自転車と小さい自転車があり特徴が違います。

・後輪が大きい → 進みやすい
・後輪が小さい → 後部座席に子どもを乗せるときに乗せ降ろしがしやすい

私は迷わず、後輪が小さいものを購入しました。

ただ、比較的長い距離を毎日乗る人は進みやすさも大事な要素になると思うので、完全に日々どう自転車に乗るかによると思います。

電動アシスト付きの方がよい人の条件

電動アシストが付いていれば漕ぐ力が少なくて済むので、普通の自転車では厳しい環境でも乗ることができます。

行動範囲に坂道・陸橋がある

子どもを乗せて走ることを考えたら大事な条件です。坂道が多いエリアに住んでいる人は迷わず電動アシスト付き自転車を買うことをおススメします。

陸橋なら1カ所だけ頑張れば良いですが、それでも毎日となると辛いそうです。

びあまま
びあまま
知り合いに電動アシストが付いていない子乗せ自転車に乗っていて、陸橋を越えて保育園に通っているママがいました。
保育園の中身に惹かれて陸橋を越える選択をしたそうですが、1年で「もうムリ」と言って陸橋を越えなくて良い保育園に転園してしまいました。

たまに通らなければならない、ぐらいなら他の条件も考慮して検討です。

もう1人産む予定がある

けっこう大事な条件です。1人ぐらいなら電動アシストが付いていなくても問題ないです。でも「2人目も乗せると電動アシストが付いていないとキツい」と複数人から聞いております。

ただでさえ重い子乗せ自転車、さらに子どもを乗せたらけっこうな重さになります。

5歳くらい歳が離れると上の兄弟は自分で自転車に乗るようになるので、その場合は気にする必要は無いそうです。

膝が悪い、体力面で自信が無い

膝があまりよくないけれど自転車が必要、という人は電動アシスト付き自転車を買ったほうが良いです。
電動アシスト付きの自転車は1漕ぎ目にかかる負担が少ないため、膝に優しいです。

体力面で心配な人も電動アシスト付きの方が良いです。
短距離しか乗らないのであれば気になりませんが、自転車で動き回ることが多い人は使う体力が全然違います。

電動アシスト付きじゃない方がよい人の条件

電動アシスト付き子乗せ自転車は、普通の子乗せ自転車よりも更に重く、だいたい30kg前後もあります。
重いが故の残念な欠点が2点あります。

立体駐輪場を使う

立体駐輪場の2階・3階に自転車を押して登るにはかなりの力が必要です。

びあまま
びあまま

電動アシストが付いていない子乗せ自転車に乗っている私でも、3階の駐輪場は1カ月で挫折して2階に変えた程です。(料金が変わる)
夏を乗り切れなかったです。

とは言え、無理では無いです。頑張ればどうにかなります、大変ですが。

スタンドがある駐輪場を使う

自転車を停めるスタンドが上段・下段の2段ある駐輪場だと、女性の力では上段に乗せるのは厳しい(多分ムリ)です。

電動アシストが付いていなくても子乗せ自転車であれば持ち上げるのは厳しです。腕力自慢の私でも難しいです。

下段なら大丈夫ですが。

マンション住まいだと、スタンドに停めなければならないことは多い

都市部だと「駐輪場が狭い」「スタンドの上段しか割り振ってもらえなかった」という話しはよく聞きます。
上段しか使えない場合は、子乗せ自転車を使うこと自体が厳しいです。

子どもを自転車から降ろして作業をするのは、子どもからその間は目を離さなければならないリスクがあります。

値段も大事な判断材料

電動アシスト付きの自転車は良い部分もありますが、良い部分だけではないことも分かっていただけたかと思います。

他にも大事な判断ポイントがあります。

電動アシスト付きは最低でも10万円からと高額

そう、高額なんですよね。どこも似たような値段で、高いものになると20万円近いです。

この10万円だってセールなど特別なことがない限り見ることはありません。購入予定の人が発見したら即買い推奨のレアなケースです。
だいたい安くても13万円ぐらいはします。

子育て世代に10万円以上はかなりの出費です。

すれ違うママたちの多くが電動アシスト付き自転車に乗っていたので、何も考えずにまずは電動アシスト付きの自転車を自転車屋さんに見に行ったのですが、とてもびっくりしました。

電動アシスト無しは4万円位から

それでも自転車としてはかなり高額ですけどね。
とは言え、電動アシスト付き自転車を買う場合とでは出費に6万円以上の差が出ます。これだけの額があれば、もっと子どもが有意義になることにかけられます!

びあまま
びあまま

試乗してその安定感を感じたら、4万円はやむを得ない出費で落としどころの金額かなと思いました。

全てを考慮し購入する自転車を決める

自分が置かれている環境をよく調査してから購入することを強くおススメします。
安い出費ではないので、失敗すると後悔してもしきれません。

調査① 自転車を置く予定になる場所を徹底調査

自宅はもちろん今後働く予定の人は、駅前、保育園や幼稚園近く、など今後自転車を置く予定の場所もよく調査しておくべきです。

調査② 自宅付近の坂道や陸橋の有無

自転車を購入することで行動範囲は一気に広くなるので、今使っている道以外にも近所がどのような地形か確認をしておいた方が良いです。

びあまま
びあまま

保育園や幼稚園の方向は特に大事!!
認可保育園だと希望と全然違う方向になることもあるので近所の地形は大事です。

調査をしたら、全ての条件を考慮してどちらを買うか判断

電動アシスト付き子乗せ自転車、付いていない子乗せ自転車、どちらも一長一短です。
必ず自分の環境を調査した上で、自分のコンディション、値段、全てを考慮して総合的に判断してください。

「購入した自転車を使えない」が1番良くないです!

びあまま
びあまま

「みんな電動アシスト付きに乗っているからとりあえず私も」というのは、あまりおススメできません。
確かに「電動アシストじゃないんだね」とマウントをとるママは居るらしいですが、そんなことの為に高価な不便なものを買うのはもったいない!

子乗せ自転車を買わないという選択肢もある

正直、マンション住まいなどでスタンドの上段にしか駐輪できない人は「子乗せ自転車」自体を購入しないほうが良いんじゃないかなと思っています。自力で出し入れできない不便なものは使えません。

どうしても自転車が必要な場合は、普通の自転車に後付けで子乗せシートを付ける手段もあります。その方が軽いです。

自分に向いた自転車は見つかったでしょうか?

幼稚園の前を通ったときに電動アシスト付きの子乗せ自転車しか並んでいない様子を見て「電動アシストが付いていない方がよい場合もあるよ」と思いこの記事を書きました。

後日、他の幼稚園にお伺いした際はそんなことは無かったので幼稚園にもよるんでしょうが、必要の無いものに高いお金を出すのはちょっと違うなと私は考えています。
私の家の周りは陸橋はありますが、坂の無い「ザ・平地」ですしね。

当然、電動アシスト付きの自転車の方が良い人もいらっしゃると思います。

この記事が自分に向いた自転車を購入する一助となることを祈っております。
もし、どちらを購入するか悩みを深めてしまっただけの場合はごめんなさい。

タイトルとURLをコピーしました