川越氷川神社で七五三 遠征でも氷川会館があるから大丈夫 情報・レビュー・感想

イベント
スポンサーリンク

川越の氷川神社でとても印象に残る素敵な七五三をしてきました。

パパの地元であり、私も色々なご縁がある川越。

川越氷川神社で七五三シーズンの結婚式に2回出席した私は、ここで七五三をするキッズをたくさん見ました。
なので、この神社で七五三をさせるのに憧れがありました。

家から電車で1時間と、それなりの距離がありますが、川越まで行って七五三をしてきて良かったなと思っています。

当日のレビュー、感想、口コミ的なものなどを書いていきます。

縁結びの神様 川越氷川神社:安産、お宮参り、戌の日
縁結び、結婚、良縁、川越、安産、お宮参り、川越まつり、厄除、婚活、七五三、:川越氷川神社です。

川越氷川神社ってどんな神社?

6世紀、武蔵一宮である大宮氷川神社を分祠したことに始まったと言われる川越氷川神社。

今でもとっても人々に親しまれる神社なんです!

縁結び・パワースポットで有名

川越氷川神社と言えば、なんと言っても有名なのは縁結び

夫婦の神様を祀っていることから「縁結びの神」として信仰されています。

川越氷川神社は本当に縁結びスポットとして大人気なんです。
ググれば山のような縁結びに関する記事が出てきます。

神社で神前式をして、氷川会館で披露宴をするカップルもとっても多く、私も2回出席しています。

夏場の「縁結び風鈴」も有名で、江戸風鈴を2000個が揺らめく幻想的なスポットになります。

ずっと行きたいんですけど、真夏の灼熱の時期なので、まだ小さい娘を連れて行くにはちょっと怯んでしまうんですよね
娘がもう少し大きくなったら行きたい!!

パワースポットとしても有名

こちらも「川越氷川神社」「パワースポット」とググると大量に記事が出てきます。

すみません、私はパワースポットの定義はよくわからないのですが、とにかくパワースポットとして有名です(笑)

秋の神事は世界遺産(川越まつり)

ユネスコ無形文化遺産である「川越まつり」は、川越氷川神社の秋の神事です。
山・鉾・屋台行事は「川越氷川祭の山車行事」を含む33件の祭礼行事で構成されています。

「川越まつり」は山車がとっても見ごたえのあるお祭りです

川越まつりは、勇壮な山車が多く出ます。小さな子どもでも見ごたえがあります。

うちの2歳の娘でも山車を見て喜んでいました

そして、すれ違うときにご挨拶をしあうという、とっても友好的なお祭りです。

パパが子どもの頃は平日にやっていましたが、現在は土日に開催されて遠方からも行きやすくなりました。

七五三スポットでもあります

あまりにも縁結びやパワースポット、そして川越まつりで有名なので「七五三はちょっと違うのかな?」と思ったら大間違い。
七五三スポットとしても十分に有名です。

七五三シーズンは、七五三キッズがたくさんいます。きちんと七五三の受け入れ体制が整っています。

心配しないで七五三に来て大丈夫です!

そもそも娘が川越氷川神社で七五三をしたのは、私がここで多くの七五三キッズを見たことがあるからです

遠征の人向け情報!電車でも大丈夫

うち遠いんだよねぇ、しかも車無いんだよねぇ、という人。
心配無用です!
我が家もそうです!!

川越市駅まで電車で1時間かけて来ましたが、つつがなく七五三を終えることができました。

電車の人は駅からはタクシーが無難

川越駅や本川越駅からバスが出ているので、バスで行くこともできます。
ただ、時間のロスや体力の都合を考えたら私はタクシーをおススメします。

川越線で来る人は川越駅からタクシーで良いと思いますが
東上線で来る人は「川越駅」じゃなくて「川越市駅」で下車しタクシーに乗ってください。
電車を降りてから、タクシー乗り場への距離も近いですし、距離も「川越市駅」からの方が近いです。

西武新宿線の人は、西武新宿駅からタクシーでOKです。

川越市駅から川越氷川神社へのタクシー代は1,010円でした
本川越からも、大して変わらないはずです

氷川会館で着替えさせられる(無料)

コレ!氷川会館で子どもをお着替えされられるから遠征でも大丈夫と言いきれます!!

2回、氷川会館での披露宴に出席しているので、できそうな気がするなぁと思って電話で聞いてみたら案の定OKでした。

当日に入り口の受付に伝えて下さいとのこと。

更衣室を案内してもらいました

当日、氷川会館の入り口で「子どもをお着替えさせたい」と伝えると更衣室を案内してもらえました。

更衣室はカーテンで仕切って、何人も着替えられるようになっています。
結婚式に出席するご親族の人が着付けたりしていて、その中で端の方で着替えました。

とは言え、親は家から着て行きましょう

ご親切で更衣室をお貸ししてもらいましたが、あくまでここは披露宴に出席される人の更衣室だと感じました。

親はきちんと家から着て行った方が良いですね。
さすがに遠征するなら、親は着物は無理だと考えた方が無難です。

そもそも氷川会館は大人がカジュアルな服装で入れる雰囲気の建物ではありません

おまけ 花嫁さんを見られる可能性大

更衣室の側に、結婚式の親族控室があるんです。
娘、義理母、私の3人で白無垢の花嫁さん、目撃しました。

滅多に白無垢の花嫁さんを見る機会はないので、嬉しいチャンスです。

実は過去に友人の結婚式のときに、トイレに来るのにこの辺をウロチョロしていたら、神前式の前に友人の白無垢をみてしまう事件を起こしています
いや、私は気づいてなかったのに向こうから声をかけられたから、私は悪くない(笑)

氷川会館でタクシーも呼んでもらえる

七五三が終わった後、氷川会館の入り口の受付に声をかえればタクシーを呼んでもらえます。

何せ披露宴会場である氷川会館。普通に手慣れた様子で呼んでもらえました。

ただ、七五三シーズンは親子がうようよ歩いているので、玄関先までタクシーが入って来れなかったのでそこだけ注意です。

川越は七五三後に会食できるお店が多い

小江戸川越。城下町川越。

ホテルもたくさんありますし、老舗料亭もとても多いです。
なので、七五三後に会食できるようなお店はたくさんありますので、そこは心配要りません。

ただし、七五三シーズンはいつもより早めに予約を取らないと、埋まっていることが多いです。
早めの予約をおススメします。

もし、予約ができなかったら七五三をできるだけ早い時間に終わらせ、11時ぐらいには誰かがお店に着いて待っているスタイルにするのが良いです
(予約を取りっぱぐれた我が家がコレだった)

現地情報

川越氷川神社の七五三の情報をご紹介します。現地レポというか?そんな感じでお伝えします。

予約不要、というかできない

七五三は予約の必要はありません。そして予約ができません。
当日に現地で受付します。

受付後はすぐに御祈祷の案内をされるので、お子さんの準備も終わり全員そろってから受付をする必要がありました。

前のめりで受付してしまい、子どもが準備できていないとめっちゃ焦ることになるのでお気をつけください。(我が家がそうだった)

七五三の特設の受付ができている

通常の神社の受付の前に特設の受付ができていました。

なので、受付が大混雑するということはありませんでした。

七五三の御祈祷で多く子どもが集まる分、神社も慣れ切っているという印象を受けました。

20分刻みで御祈祷がありました

もしかしたら日取りや時間帯により違うかもしれませんが、私たちが行った10月27日(日)先勝の午前中は20分刻みでした。

なので、待合室に通されるものの、座る間もなく「お集まりください」とのお声がけがあり、案内に従い移動しました。

これだけ細かく御祈祷をして頂けたら、確かに待ち時間も無いなと納得しました。

神前式を行う建物ではなかった

七五三の御祈祷は、結婚式の神前式に出席したときに入った建物ではありませんでした。
もうちょっとシンプルな建物で御祈祷をして頂きました。

そして、外に特設の白い幕で覆われた場所があり、そこでも御祈祷をしていました。

これは私の想像ですが、おそらく2か所に分けて交互に御祈祷をしているんだと思います。
じゃなきゃ20分刻みで御祈祷をしてもらえる訳ないですもんね。

神前式を執り行う建物で七五三の御祈祷をしてもらえる訳ではないので、そこを期待している人は注意が必要です。
平日で、さらにコア時間を避ければこっちでもできるのかな?不明です。

御祈祷は七五三以外の人も一緒です

七五三だけで集められる訳では無く、お宮参りや安産祈願の人も一緒でした。
そして、七五三だけの御祈祷でもないですし、子どもだけが前に集められる形ではなく、家族全員が揃って座ります。

どこの神社も御祈祷中に写真を撮ることはダメですが、御祈祷の前後も写真を撮るという雰囲気ではありませんでした。

千歳飴、売っていました

千歳飴は受付のすぐ側で売っているので、買って来なくて大丈夫です。

川越氷川神社の場合は御祈祷の後に貰う形では無いので、購入する形になります。

500円で購入できますよ。

記念写真スポットあります

氷川会館寄りに、七五三用の写真撮影スポットが作られていました。

   

川越氷川神社の鯛みくじの大きくなった版などの小道具が置いてあり、ここでたくさん写真を撮れます。

小道具↓↓

氷川会館で写真撮影できます

氷川会館内にスタジオで写真撮影をしてくれる場所があります。予約制ではないそうです。
更衣室に行くときに前を通りましたが、七五三のキッズとご家族を見ました。

私たちは利用しませんでしたが、七五三の前撮りをしていない人はここでお写真を残すのも良さそうですね。

授乳・おむつ替え、できます

私が目撃したのはこちらです。

氷川会館内、トイレ おむつ替えの台
氷川会館内、更衣室 授乳室(授乳室内におむつ替えの台あり)
氷川神社、御祈祷の待合室 授乳室(授乳室内におむつ替えの台あり)

他にもまだあるかもしれません。どこも綺麗でした。

当日の様子はこんな感じでした

到着、そして氷川会館で衣装を着せる

川越市駅からパパ側の祖父母と待ち合わせ。
集合後タクシーに乗り、渋滞に合うこともなく、午前9時過ぎに氷川会館に到着しました。

氷川会館で更衣室に案内してもらい、娘に着物を着せました。
お着替えは義理母にも手伝ってもらい、そこそこ軽快に10分位で着替え終了。

更衣室は2人がかりで着物に着替えさせるのに丁度良い空間でした。

私たちが更衣室を使った9時過ぎと11時頃は、待つことが無くすんなりお着替えさせられました。

着物を着た娘は、可愛い衣装が着れてご満悦の様子でした。

御祈祷の受付、そして大失態

私たちが娘に着物を着せている間に、いつの間にかパパが七五三の受付をしていました。
私たちが到着する頃に、ちょうど用紙を出そうという所。

そこで「金額はいくらだっけ」とか、「じゃぁママが受付に出してきて」とかわちゃわちゃして。
受付に用紙を出して御祈祷の時間の書いてある札を貰って、「待合室はあっちです」とか一堂に説明して、わぁわぁして。

で、忘れました。神社なのに、手を清めることを、、、。

鳥居の前での一礼もしなかったし、最悪だよ。

私、娘を産むまでは御朱印帳を買って、いくつかの神社で御朱印もらったりするぐらい、こういう空間が好きなんですよ、、、。
不覚!悔やまれる!!てか、神様に超失礼!!!

帰りの電車で気づいたんですよねぇ。
来年のお礼のお参りかその前に機会があれば、きちんとお詫びせねば。

皆様は、お気をつけください!
でも、義父母と一緒だと色んな事に気が散ってなかなか大変なんですけどね(言い訳)

御祈祷はちゃんとできた(と思う)

私たちは9時半ぐらいに用紙を出し、渡された御祈祷の時間の札は9時50分。すぐでビックリ。

待合室に移動するも、座る間もなく「こちらにお越しください」と呼ばれ出発。

列になっての移動、ちょっと大変でした

列になり移動したのですが、草履を履いて上手に歩くお子さんもいましたが、うちの娘は難しかったご様子。
ちょっと、列になっての移動は大変でした。

最終手段「抱っこ」で乗り切りましたが。

御祈祷はつつがなくできた(と思う)

御祈祷は、入場した順に前列から着席です。

神主さんが、御祈祷の前に「お子さんは泣いても良いことにしましょう」とおっしゃってくれたので、安心して御祈祷に臨むことができました。

お宮参りの赤ちゃんや、娘と同じ3歳の七五三のお子さんも他にもいましたが、神主さんの1言で、気持ちに余裕を持って御祈祷に臨めて感謝です。

御祈祷は厳かに執り行われました。

娘の名前が呼ばれたときに、きちんと手を挙げてお返事できたので、親としてはちょっと安心しました。

御祈祷中、頭を下げなければならないシーンで娘に「頭を下げて」と言っても下げてくれませんでした。
でも、まぁ、2歳児が騒がず最後までいられたからいいか。

記念品で頂いた絵馬を付けに行く

御祈祷後に記念品を頂きました。

頂いた記念品は、これと絵馬とシールブック、パンフレット類です(昼食ですでに使用ししまった)

デニムの袋がモダンでビックリ。

記念品の中にあった絵馬をつけに行く

絵馬をつける場所があるのですが、ここがとっても幻想的。

ギュウギュウに掛かっているので付けるのが大変でした。
最終的には他の絵馬に連結させて、なんとかくっつけました。

これは私たち家族が絵馬を付けたときに様子です。

絵馬には「娘が健康に成長できますように」と書いてきました。

御祈祷後は記念写真タイム

神社内に記念写真スポットがあるので、そこで何枚か撮って来ました。

先ほどと同じですが、こんな感じです。

  

前撮りはレンタルの違う着物で撮ったので、ここで当日着た着物での写真を思いっきり撮りました。

氷川会館で再着替え、花嫁さん目撃

前述の通り、氷川会館の更衣室にもう1度着替えをしに戻ったときに白無垢の花嫁さんと遭遇。

娘は花嫁さんを見て嬉しかったご様子
花嫁さんが去っていくまで、動いてくれませんでした。

義理母も白無垢のお嫁さんを生で見たのは初めてだったようで、大変興奮していました。
私は見たことはありましたが、でもやっぱり見られると嬉しいです。

花嫁さんを見た後は、今度は会食に向けワンピースに着替えました。
ロビーに戻り、タクシーを呼んでもらい会食へ出発です。

「いちのや」で食事してきました

実は私が相当楽しみにしていたイベント「いちのや」さんでのランチ。

川越には美味しいうなぎ屋さんは多いですが、その中でも有名なお店。嬉しい!

「いちのや」さんは、私たちが婚約した時に両家のご挨拶をここでした以来でした
超、楽しみにしていました!

私が食べたのがこのうな重

お子さまランチもあります!娘はこれ

相変わらず美味しかったです。

会食後は駅まで徒歩で戻って解散となりました。いい1日だった!!

感想、遠征してきて良かった

パパの地元でできて良かった

パパの地元なら、義父母が来やすいという利点もあります。

ですが、それ以上にパパの地元のステキな神社で娘の七五三をできたことが嬉しいです。

私には歴史好きという一面もあるので、ご縁があり素晴らしい歴史がある川越氷川神社でできたことも嬉しいです

ご縁で有名な川越氷川神社
もしかして、このご縁も川越氷川神社の力?

神社が七五三慣れしている

さすがに有名な七五三スポットなだけあって、明らかに神社が七五三慣れしていてめっちゃスムーズ。

そして、氷川会館の対応は、どう考えても遠征の人たちのことも考えられている。

段取りがすごく良かったのでストレスなく七五三のお参りができました。

娘も楽しかったらしい

帰宅後も、翌朝も娘に「楽しかった?」と聞いたら「楽しかったとのお返事」。

娘の七五三。娘が楽しいのが1番ですよね。

可愛い衣装を着て、川越のおじいちゃん・おばあちゃんに会えて嬉しかったご様子。
花嫁さんを見たのも大きいのかな?

電車に乗ることも好きなので、とにかく楽しめたようで良かった。

遠征の欠点は疲れ果てること

わかってはいましたが、遠征の欠点。それは疲れ果てること。
私もパパも若くないですからね。家に戻ってきたときはグッタリ。

良い七五三ができたので後悔はしてないし、川越氷川神社まで行って良かった。
でも疲れた。

完全に、これは疲れを数日間は引きずるパターン(笑)

いつもは元気いっぱい娘もさすがに疲れたご様子
ロング昼寝をしたのに、夜もちゃんと寝てくれてビックリ

でも、まぁ、みんな楽しかったから良いか♪

以上、川越氷川神社での七五三レビューでした。

タイトルとURLをコピーしました