保育園の慣らし保育、転園後の方が大変だった

保育園
スポンサーリンク

私は法律通りの娘が満1歳で仕事復帰をしました。
が、中途半端な時期に認可保育園に入れる訳もなく、4カ月間を無認可保育園に通わせていました。

4月から認可保育園に転園になり、もう1度慣らし保育を始めましたが

転園後の方が慣らし保育は大変でした

慣らし保育が終わっても、ゴールデンウイークぐらいまでは体調を崩す事が多かったです。

今後転園する予定で「うちの子はもう初めての保育園じゃないから慣れるのは早いかなぁ」なんて思っているママ、そうは行きませんよ、むしろ大変です!!

〔転園先の保育園準備の失敗談はこちら↓↓〕

保育園の入園準備いつする?説明会前にして痛い目に遭った実話 リスクだらけ!
「保育園の説明会は3月の後半だから、ちょっとその前に保育園生活に必要な物を買っておこう」そう思いますよね。私も思いました。ある程度は買い揃えました。買い揃えて大失敗しました。説明会で発覚する、保育園のルール外になってしまった物の...

娘の転園が大変だったと思われる原因

最初が良い保育園過ぎた

無認可保育園なので慎重に選び、パパと納得できる保育園を探しました。
最初の保育園の良い所をざっくりと言うと以下の通りです。

  • 無認可でも、きちんと基準を満たした保育園だった
  • 保育士さんはベテラン揃いだった
  • とにかくアットホームな保育園だった

娘が最初に通った保育園は、翌年からは隣の自治体の認可保育園になる予定の園でした。

保育士さんはベテラン揃いで、安心感がハンパ無かったです。
「プロなので任せて下さい」とおっしゃって、実際に娘の噛み癖も入園後にあっという間に直して下さいました。

そしてチームワークが良く、 どの保育士さんも親身になって娘の成長を一緒に喜んでくれて、そんな保育士さんたちに囲まれて娘も安心しきっている様子でした。

びあまま
びあまま

育児しながら仕事に行く生活にまだ慣れていない私(母)のことも気遣い、相談に乗り協力してくれました。
本当に感謝しかない。

本当にプロフェッショナル集団でした。

成長に伴い、人見知りがひどくなっていた

楽しく保育園に通っていたものの、娘は成長するにつれて人見知りや場所見知りがひどくなっていました。

当たり前の成長なんです。

確かに生後10カ月を過ぎたあたりから「あれ?人見知りしてる?」と思う事はありました。
しかし、1歳と1歳4カ月で人見知りの程度がこんなに違うとは、、、成長は喜ばしい事なんですけどね。

娘は知らない人には近寄らないレベルの人見知りになっていました。

新保育園に慣れるまでは親子ともに大変

慣らし保育初日、他の子同様に号泣

私と一緒だった入園式はつつがなく終わりました。

次の日の慣らし保育初日、「うちの子はもう保育園慣れしているから大丈夫でしょー」とか思いながら10分前に保育園の前に行ったら、聞き慣れた泣き声がしました。

びあまま
びあまま

しかも激怒バージョンだし、見慣れたボーダーのお子さまが磨りガラスを中からガンガン叩いているよ、、、。

彼女からしたら、いつもの先生じゃない、いつもの場所でも無いよと不安だったのでしょうね。
前の保育園よりも先生の年齢層もぐっと下がったしね。

2度目の慣らし保育は3週間必要だった

最初に慣らし保育が3週間あると聞いたとき、「仕事どうにもなんないよ、何考えてるんだあぁ」と思いました。
しかし、転園のうちの娘の場合は3週間必要でした。(初回の前の保育園の慣らし保育は5日で大丈夫だった)

娘の様子を見ていても、家での甘えん坊モードが増えました。

少しずつ物事を理解し始めてから新しい環境に慣れるということは、大人以上に試練なのかもしれません。

3カ月ぐらいは体調を崩しがちに

慣らし保育が終わっても、当分は保育園から体調を崩したとの連絡が来ることが多かったです。
もちろん仕事の都合をつけることも大変でしたが、何よりも娘が体調を崩す姿はできれば見たくなく、辛い時期でもありました。

ゴールデンウイーク明けぐらいまでは、お休みが多かったです。

そして7月くらいまではお休みする程ではないものの、毎週末に小児科に行っていました。

びあまま
びあまま

逆に小児科に行かない週があると「先週は来ませんでしたねー」と病院の先生に言われる始末でした。

感想、転園は避けられたら避けたい

場合によっては、育休を短縮してでも転園は避けた方が良い

育休を1年取らずに0歳児クラスから認可保育園に入れられるのであれば、それが子どもにとっても上手く受け入れられるのかもしれません。周りの話しを聞いても痛感しました。

そして転園は避けてあげた方が良いのかなと。あくまでタイミングが合えばなんですけどね。

ハイハイして、つかまり立ちもできるぐらいになれば、うつぶせ寝の心配も減ってきますしね。

かなり早いケースになりますが、お子さんが3カ月から預け始めたママによると、子どもがまだ何も理解していないので慣らし保育は必要なかったそうです。

逆に年齢が上がった2歳児クラスから初めての保育園だと色んなことが理解できるようになっているので、0歳児・1歳児クラスの子どもよりも慣れるまで時間がかかることが多いそうです(転園先の保育士さん談)

きちんと信頼できる保育園に出会えたら、ムリして1年やそれ以上に休む必要は子どもにとっては無いのかもしれません。
プロが見ててくれますしね。

ママは子どもともっと一緒に居たいけどさ。

びあまま
びあまま

「でも離れてるからって愛情が無い訳じゃない!あなたをきちんと育てる為に働いているんだあぁ」と、休日にいっぱいギュウっとしてあげれば良いのかもしれません。

やむを得ず転園するなら親は覚悟が必要

とは言え、仕事の都合や残念ながら最初の保育園が子どもに合わなかった場合は転園はやむを得ません。
その時は慣らし保育は初回よりも時間がかかると思って、算段をつけた方が良いと思います。

我が家は、私たち夫婦も仕事を全休・半休を駆使して休みましたが、祖母(私の母)の応援もお願いしてなんとか乗り切りました。
よっぽど理解があったり休みやすい環境ではない限り、母親1人で対応するのは無理です。

慣らし保育が終わっても、当分は子どもの体調不良に備えておいた方が良いと思われます。

とは言え、転園に対し大きすぎる不安は不要

転園後も時間が解決してくれる

今の保育園の保育士さんも良い人たちで頑張ってくれて、娘も初夏ぐらいには楽しそうに通い始めました。本当に感謝です。

子どもは最初は慣れるまで大変そうですが、環境に慣れる能力が大人より高いのも事実です。
「子どもが慣れるまで少しの辛抱だ」と言い聞かせて、とにかく乗り切ることを考えれば大丈夫だと思います。

びあまま
びあまま

娘は夏ぐらいには仲良し3人娘のグループができたらしく、べったりだそうです。

3ヶ月ぐらいで完全に慣れたのか、体調を崩すことも減りました

娘の場合は夏を過ぎたあたりから急激に元気になり、あまり病院にも行かなくなりました。

全く病気にならないことはないけれど、毎週のように保育園から電話がかかってくることは無くなりました。

転園後1年経った今は

前に通っていた保育園の先生は、転園しても娘と出会うと声をかけてくれます。
今の保育園と前の保育園は市の境は越えるものの近所なので、お散歩や公園遊びですれ違うと「あぁ〇〇ちゃんだぁ」と手を振ってくれているそうです。

良い人たちだあ。

しかし、転園後1年経過した娘は最近は前の保育園の保育士さんを忘れてしまったようで。

びあまま
びあまま

なんと、恩知らずな!あんなに良くしてくれたのに。
しかし、子どもにはよくあることなんだろうなとも思います。

今の保育園にすっかり慣れた娘は、4月の新年度から入園してきたお友だちをお姉さんとして引っ張っているそうです。(家での姿しか見ていない親からしたら驚きですが)

今の保育園にも長所がいっぱいあって、お友だちに恵まれたお陰もあるかもしれませんが、娘も楽しく過ごしています。

早く慣れることを祈っています

最後までお読みいただきありがとうございました。

転園は大変ではありますが、いずれは慣れます。
きちんと準備して、ダメージを最小限に抑えられたら良いですよね。

読んで下さった皆様のお子さんが楽しい保育園生活を送れるよう、お祈りしています。

もし良ければ、楽しい保育園生活の為にこちらもご参考下さい↓↓

保育園児もオシャレさせたい!【実践中】お着替え後の奇抜なとんでもファッション・組み合わせ防止策
「何だこりゃ」という服の組み合わせで子どもが帰ってくるのは保育園あるあるですが、私は回避することに無事成功しました!その為にとった方法は「ボトムスの統一」デニムに統一、色はサックスかネイビーのみ「いやいやいや、シンプ...
タイトルとURLをコピーしました